小顔マッサージで憧れの小顔を手に入れよう

なぜ小顔に憧れる?

友人何人かと一緒に写真を撮って、出来上がった写真を見たときに「ドキリ」としたことありますか?
私は挙式を名古屋で行った友人の結婚式の写真を見たときに「ドキリ」としました。。。

 

同じ位置で撮ったはずなのに、私だけすごく顔が大きく見える!私ってもしかして、顔大きい? 自分の顔が大きいかも知れないと気づかされたときのショックは、ことばに言い表せません。

 

めったにありませんが、人から「顔が大きいね」なんて言われた日には、恥ずかしくて人前に出たくない!と思ってしまいますよね。「顔が大きい」と自覚している人にとっては、「顔が大きい」ということはかなりのコンプレックスになっているようです。顔の大きさを気にしているのは女性がほとんどです。

 

ということは、顔の大きさが女性たちが目指す「美」と大きく関連していると考えられますね。日本人より欧米人のほうが顔の大きさが小さい人が割りと多いということ、そして、全体的なスタイルを良く見せるためには顔が小さいほうがバランスがいいということ、この二つの理由が考えられるようです。

顔が大きく見える原因 その1

顔が大きく見える原因について考えてみましょう。まずは「骨格」の問題。エラが張っている、おでこが広いなど、生まれつき顔のサイズが平均より大きめである場合があります。

 

ここで注意したいのは、他人と大きさを比べるより、全身のバランスで考えることが必要であるということ。肩から下の体格は細型なのに頭や顔だけ大きいと、全体のバランスが悪く、顔だけ大きく見えてしまいます。顔が大きくても肩から下の骨格も大きめでしたら、バランスも取れ、決して顔だけ大きくは見えないものなのです。

 

すべてはバランスの問題。骨格の大きさが原因ですと「生まれつき顔が大きいのだから仕方ない」と諦めがちですが、中には骨格のズレによって顔が大きく見えている場合もあります。

 

最近顔の大きさを気にするようになったという人は要注意。顔や全身の骨格が歪んでいるかもしれません。そのような問題を抱えている方は「骨格矯正」「小顔矯正」などの施術でサイズダウンを見込める可能性があります。