骨格は変えられる?

骨格は変えられる?

他人と比べて、自分の顔の大きさが気になりませんか。よくわかるのが大勢の人と並んで写真を撮ったときですよね。出来上がった写真をみてがっかりしたことはないでしょうか?

 

隣に移っている友人たちと顔の大きさを比べてみて、自分の顔が何と大きいこと。おまけに隣の友人が顔の小さい子だとなおさら自分の大きさだけが目立ってしまうのです。

 

ところでなぜ自分の顔が大きく見えるのか分析したことはありませんか?顔の大きさが気になると何とかして小顔にしたいと考えますよね。そのためにはなぜあなたの顔が大きく見えてしまうのか、その原因を知ることも大切ですよ。

 

顔の大きさを決める要素がいくつかあり、その一つが骨格です。顔の輪郭を決めている骨の部分ですね。この骨格ですが、遺伝的要素が強いためそれを変えるのは難しいと思っているでしょう。

 

骨の形を変える方法といえば整形手術くらいしか思いつかないかもしれませんが、それ以外にも改善方法があるのです。

 

骨は複数の骨が組み合わさって構成されているため、その一部でもずれている、ゆがむと、それが骨格の形自体に影響を与えることがあるのです。

 

例えば何気なく行っている普段のクセ。片側だけで頬杖をついたりしていませんか?これが骨のゆがみやずれを作ってしまっているのです。

 

かみ合わせでずれやゆがみが生じることも多いにあり得ます。片側だけで噛んでいる、歯並びが悪いと一部にだけ余計な力がかかってしまうのです。それがゆがみを作ってしまいます。

 

整体やカイロプラクティックという施術がありますよね。それらは骨のゆがみやずれを整えることで、体全体の調子を整える効果が期待できます。骨格を整えることで骨の位置が正常に戻り小顔効果ももたらされるのです。