脂肪と筋肉の付き方が顔の大きさを決める

脂肪と筋肉の付き方が顔の大きさを決める

顔の大きさを決める要因の一つが顔の筋肉です。筋肉と聞くと二の腕や足についているイメージが強いですが、顔にも表情筋という筋肉が張り巡らされているのです。それが顔の大きさを大きく左右しています。

 

女性のなりたい憧れ体型はメリハリのある体型です。ただ細いだけの体型には何の魅力も感じません。女性らしさの象徴である丸みは維持しつつ、二の腕やウエスト、足は引き締まっている体型を手に入れたいのです。
 

 

そんな理想の体型を手に入れるために必要なのが筋肉で、その発達のためにエクササイズや筋肉トレーニングをするのです。同じくらいの身長、体重でも筋肉の量が多い人のほうが、脂肪の量が多い人よりも引き締まって痩せてみえるのです。

 

顔にも体と同じことが当てはまります。顔の筋肉が弱ってしまうと顔の皮膚が緩んできてしまいます。体重が増えたわけでもないのに太ったように見られてしまうのは、顔の筋肉が緩んだことが原因かもしれませんね。

 

顔についている脂肪の量も、顔の大きさに影響を与えます。体全体の脂肪の量が多いと、顔にも脂肪がつきやすくなります。また人によって、体はそれほど太っていないのに顔にだけ脂肪がつきやすいタイプの方が見られます。

 

筋肉を発達させる、脂肪の量を減らすにはマッサージやエクササイズが効果的です。毎日続けることで次第に顔の輪郭が引き締まっていきますよ。

 

色々な方法が雑誌やインターネットにて紹介されていますので、小顔になりたい方は挑戦してみることをおすすめします。ただし、続けてやらないと一定の効果は得られませんよ。