小顔に見えるメイク術

小顔に見えるメイク術

小顔に見せるためにはメイクもとても大切な要素になります。小顔メイク術をマスターしてしまえば今日からあなたも「小顔美人」!

 

 

 

小顔メイクの基本、ファンデーションの使い方から。小顔メイクで大切なのは「陰影」をつけて、顔に立体感を持たせることです。

 

 

 

ファンデーションの色を上手く使い分けて立体感を出しましょう。肌よりワントーン明るいリキッドファンデーションを目の下・頬骨の逆トライアングルゾーンと、顎の先端に叩き込みます。

 

 

 

その他の部分は肌色ピッタリのファンデーションを塗り、フェイスラインには肌色より暗い色をシェードカラーとして塗ります。小顔に見せるテクニックとしてアイメイク、チーク、ハイライトなどに力を入れるということも大切です。

 

 

 

チークは頬の一番高いところへクルクルといれます。Tゾーンにはパールの入ってない黄色っぽいフェイスカラーをハイライトとして入れます。

 

 

 

目はアイラインで大きく見せ、パール使いで光を上手く操ってしっかり強調させましょう。